ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 01月 31日 |
今年の前半は決して忙しくないハズだ、と以前から聞いていたのに・・・本日出社してみたらば、自分だけナゼか仕事が増えていた。しかも大量。泣ける程に。
・・・コレだから犬会社、全くもって油断できないのだ。

翻訳関係の仕事を自分に、と直々に御指名戴くのは光栄と言えば言えなくもないし、任されれば張り切ってやってやろうとも思うのだが、如何せん前情報と実際に来る仕事量が違いすぎて、大変な作業のワリに報われないのが多少・・・いや、激しく哀しいトコロか。
ま、なるようにしかならないのはいつもと同じなのだし、深く考えるのは止めておこう。


b0105199_2344453.jpg


あ、引越しはアッサリと確定。
引越し先側の都合で入居できる時期が2月後半に延びたものの、取り敢えず真冬の引越しである事には変わりなく・・・コチラもまだやる気満々で続行中なのだ。


 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  Où suis-je maintenant ? (うー すぃ じゅ まんとなん) ここはどこですか?

  ☆スペイン語では ¿ Dónde estamos ahora ? (どんで えすたもす あおら)
  ☆ドイツ語では Wo sind wir jetzt ? (ヴぉー ずぃんと ヴぃあ いぇっつと)

・・・地図を見せながら聞けば、後は身振り手振りで何とかなります(たぶん^^;)。
[PR]
by misa_diary | 2007-01-31 02:37 | diary |
2007年 01月 26日 |
何からどう書き始めて良いものやらとんと分からず、ついついサボっていたこの日記だが・・・実は今、『寒がりなのにどうしたことか急遽始まってしまった、真冬の引越し計画(タイトル長っ・笑)』が、着々と進行中なのである。

行先は既に決まっている。と言うか、ソコに空きが出たのでなければこの引越し、別に急ぐ必要はサラサラ無かった。今年の11月に今の住居(ウサギ小屋と見紛う程に狭い)が契約更新を迎えるので、その前であればいつでも良かったのだが・・・今にして思えば去年の秋頃、何の気なしに検索して見ていた空部屋情報のページで今回の転居先であるマンションの一部屋を発見、他に類を見ないそのデザインにどうにも惹かれて仕方なくなったのが発端、だったか。
以来、気になってちょくちょくそのページを覗いていたトコロ、遂に先日、そのデザインの部屋に空きが出たとの情報が表示されたので、すぐさま仲介の不動産会社に連絡、一番手で申込みを受け付けていただいたのだ。
(今は時期が時期だけに空きの出も多いが埋まるのも早く、内見前であっても押さえるだけは押さえておいた方が良い、というのがその不動産屋の弁。)

実際、内見が可能になるのは今週末からとの事なので、自分は未だ部屋の中を見ていない状態なのだが、冒頭に『計画』なぞとぶち上げている事からも分かるようにこの引越し、己の中では既に決定事項。
家具も荷物も少ない自分ならやろうと思えば3日で引っ越せる、と意味もなく豪語する程にやる気満々なのである(笑。

まぁ、3日は言い過ぎとしても・・・このままトントン拍子にコトが運んだならば、来月の半ば頃には新しい部屋の中でのびのび寛いでいるだろう事は疑いなく(入居可能になるのがその頃であるらしい)。
ここ数日、少々忙しくなってきた仕事の合間にも心は早、半月後に住まう部屋の中へと飛んでいるのだ。


b0105199_412370.jpg



 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  Il fait froid [chaud]. (いる ふぇ ふロわ [しょー]) 寒い [暑い] です。

  ☆スペイン語では Hace frio [calor]. (あせ ふりお [かろーる])
  ☆ドイツ語では Es ist kalt [warm]. (えす いすと かると [ヴぁルむ])

寒いのは苦手なハズなのに、ナゼか寒い時期に旅に出ることも多くて・・・^^;
[PR]
by misa_diary | 2007-01-26 04:00 | diary |
2007年 01月 22日 |
b0105199_194072.jpg


上の写真は、今日訪れた展覧会会場で唯一撮ったもの。
由緒ある素敵な建物だったのだが、ナゼか余り写欲が湧かず・・・結局は、↓こういうモノばかりを撮るに落ち着いた。


b0105199_1132445.jpgb0105199_128248.jpg


・・・ま、いつものコトか。(いや、ホント美味かった・・・笑)


 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  POUSSEZ / TIREZ (ぷせ/てぃレ) 押す/引く

  ☆スペイン語では EMPUJE / TIRE (えんぷぅへ/てぃれ)
  ☆ドイツ語では DRÜCKEN / ZIEHEN (どぅリゅっけん/つぃーえん)

ドアによくある表示ですが・・・ナゼかドイツ語、逆に身体が動いてしまいます^^;
[PR]
by misa_diary | 2007-01-22 01:15 | diary |
2007年 01月 21日 |
当初の予定より一週間会期の延びた友人の個展も、昨日恙無く終了を迎え・・・本日、昼食及び展覧会をひとつと、その後夕食までをご一緒させていただき、駅の改札にて手を振り振り去っていく後姿を名残惜しく見送ることとなった。

そう・・・今回の『祭り』はこれにて終了、名残り惜しい気持ちとて確かにあるハズ、なのだが。
どういう訳だか、ここ数週間己の内に居座り続けている非日常的感覚と得体の知れぬ高揚感は今もって消える気配が無く・・・違う、未だ何も終わってなぞいないのだ、と声高に主張している気がしてならない。


・・・いや、それも確かにそうなのだ。

独自の生命の道を往く者にとっては、或るひとつの終わりは常に新たな始まりでもある。リルケ言うところのロダンがそうであったように、彼らは常に自らを初心者と感じる学ぶ者、慎ましい者としてその道を歩む。最後の一片を嵌めることで完成した筈のパズルが、実はまた新たな、しかもより大きなパズルの最初の一片である事に気づくならば、己の携わる『仕事』の計り知れぬ巨大さに、また生涯付きまとうであろう孤独の影の昏さに慄きつつも、倦まず弛まず歩き続けるほかに生きる術は無いのだと、同時に気づかざるを得ないのだから。

終わりと始まりとが連鎖する生命の道は螺旋を描き、一段上昇する毎に新たなる風景、新たなる世界を創出していく。創出された世界はまた次なる創出へと開かれながらも、確固たる礎となってその者を支える。
彼ら『生の芸術家』にとっては、恐らくこれこそが唯一の現実であり、世界の、己自身の、つまるところ真実の『人間』の在り方であるのだろう。


・・・まあ、凡なる自分にとってはまるで夢のような『現実』ではあるのだが。
それでも、この『眼』で間違いなく見たものを・・・身の内の奥処に燻り続ける原初の火を、保身の余りに無視する事だけはするまいと固く決心しているのだ。
[PR]
by misa_diary | 2007-01-21 23:03 | diary |
2007年 01月 20日 |
『時間という名の蒼褪めた幻想』
そんな言葉がふと目の前をよぎる、冬の夜。

けれど・・・たとえそれが真実だったとしても、
もう今の自分は何ものにも揺るがない。

前に道が在るからではなく、
背後に道が出来ているからでもなく。

『今』と呼ばれる永遠の一瞬に、
自己の全てを賭けうることを教えてもらったのだから。


b0105199_1320921.jpg


深い深い闇の中、悩みながら、迷いながら。

僅かな灯火を頼りに歩き続けて止まない全ての魂へ、
心からの愛と祝福を。




 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  ENTRÉE / SORTIE (あんとレ/そルてぃ) 入口/出口

  ☆スペイン語では ENTRADA / SALIDA (えんとらーだ/さりーだ)
  ☆ドイツ語では EINGANG / AUSGANG (あいんがんぐ/あうすがんぐ)

よく目にする表示も、覚えているとお散歩の時に便利なのです♪
[PR]
by misa_diary | 2007-01-20 13:24 | words |
2007年 01月 18日 |

深い闇の中へと沈みゆく光も、

b0105199_1364271.jpg


虚から実へと浮かび上がる光も。

b0105199_136599.jpg


見た者にとっては一瞬だけの・・・けれど掛替えのない真実。

b0105199_1371579.jpg


そう、君はもう知っているのだろう?

時の狭間から流れ出でる沈黙は、
実はとても優しいのだという事を。



~ 2年前の別ブログ記事冬の灯・三題に寄せて ~




 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  Est-ce bien le train pour ~? (えす びあん る とラん ぷル ~)
   これは~行きの列車ですか?

  ☆スペイン語では ¿ Este tren va a ~ ? (えすて とぅれん ば あ ~)
  ☆ドイツ語では Ist dieser Zug nach ~ ? (いすと でぃーざー つーく なっは ~)

欧州各国で鉄道(特にローカル)を利用する場合・・・乗る直前の確認は必須なのです。
時刻表だけをアテにしていると、うっかり乗り遅れるか、まるで違う場所に連れて行かれます^^;
[PR]
by misa_diary | 2007-01-18 01:43 | words |
2007年 01月 16日 |
変化を恐れない人間の変化は、ほんの一瞬。
その潔さを見るにつけ、己もまたそう在りたいものだ、と切に願うのだが・・・果たしてその願いは叶うものや否や。


b0105199_1913427.jpg


・・・それでも。
今こうして、汲めども尽きせぬ好奇心の泉に心ゆくまで浸る事が出来るのは、途轍もなく幸せと言えるのかも知れない。


 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  Aller et retour, deuxième classe. (あれ え ルとぅール、どぅじぇーむ くらす)
   2等往復(切符をください)

  ☆スペイン語では Ida y vuelta, segunda clase. (いーだ い ぶぅえるた、せぐんだ くらせ)
  ☆ドイツ語では Hin und zurück, zweiter Klasse. (ひん うんと つーりゅっく、つヴぁいたー くらっせ)
    (往復切符はRückfahrkarte(リゅくふぁーかルて)とも言う)

パリ郊外へ日帰りのお散歩に出かけたとき・・・↑せっかく覚えて行ったのですが、発音が難しくて。
結局、窓口のおねえさんにコレ書いた紙見せちゃいました(笑。

More:でも、やっぱり・・・
[PR]
by misa_diary | 2007-01-16 19:14 | diary |
2007年 01月 09日 |
昨日から6日間の予定で始まった、友人の写真展
午前中から展示の手伝いに行ったのだが、さして役に立つことも無く(他にとても優秀な方々がいらしたので)・・・結局は日がな一日屯して、お茶や差し入れの甘いものを前にひたすら遊んでいただけ、だったような。


b0105199_1738957.jpgb0105199_17382557.jpg


ただ。確かに先刻までは空白だった筈の空間に、いつの間にか或るひとつの世界が形成されているのを見るのは、とても刺激的で面白くて。

・・・やっぱり、写真はいい。
人間と同じで、好きに理由は要らないのだな。


 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  Où sont les toilettes ? (う そん れ とわれっと) トイレはどこですか?

  ☆スペイン語では ¿ Dónde está el servicio ? (どんで えすた える せるびしお)
  ☆ドイツ語では Wo ist die Toilette ? (ヴぉー いすと でぃ とぁれって)

やっぱ、コレ分からないと困りますよね(笑。
[PR]
by misa_diary | 2007-01-09 18:34 | diary |
2007年 01月 07日 |
b0105199_2115552.jpg

今年もどうぞ、よろしゅうに^^


冬休みボケ(と言うか、サボリ癖?^^;)継続中につき、日記はまだ書けず。愛想のない記事で申し訳ない。
代わりと言っては何だが、先日所属フォトグループの新年会にて訪れた、新潟の古い小さな城下町で出逢った人形↑に、愛想を振りまいてもらうことにする。


b0105199_2255035.jpg

↑もう一つおまけ。景勝地『笹川流れ』にて、今年初の夕景撮影。
天気は今ひとつだったのだが、重く垂れ込めた雲の隙間から僅かに覗いてくれた太陽に感謝。


 ::: 今日のひとこと・フランス語 :::

  J'ai trop mangé. (じぇ とロ まんじぇ) 食べすぎました・・・

  ☆スペイン語では He comido demasiado. (え こみーど でましあーど)
  ☆ドイツ語では Ich habe zu viel gegessen. (いっひ はーべ つー ふぃーる げげっせん)

・・・ここ数日、気がつくといつもこんな状態です^^;
[PR]
by misa_diary | 2007-01-07 02:34 | diary |
2007年 01月 06日 |
きみは知っている?

この空のどこかに
不思議な回転扉があることを。


それはいつも
空と同じ色をしていて、

澄み切った透明な青にも
どんよりと重苦しい灰色にも、
焼けた鉄のような朱にも
簡単に融けて染まってしまうから、

どんなに目を凝らしても
首が痛くなるほど見上げていても
そう見えるものじゃないんだ。


でもね、
気をつけてみていてごらん?


雲間から射し込む光が
放射状にのびて、
そこに天使が昇り降りする
梯子が架かるとき、

そのときだけは
その先に必ずある、ってわかるんだ。


梯子の先に、
少しだけ開きかけた回転扉が
きらきらと虹色に光りながら
その輪郭を浮かび上がらせていて、

そう、そこで
何が行われているかって、


・・・きっと、きみにもわかるから。



b0105199_3172439.jpg

[PR]
by misa_diary | 2007-01-06 02:46 | poem |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon