ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
<   2006年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 08月 31日 |
またもや急な仕事増量につき、本日も未だ残業中 T_T。

ここ犬会社においては全てがアバウト、就業時刻なんてものは最初からあって無きが如し、とは言えど・・・世間一般的な退社時刻というものをとっくに過ぎてから大量の仕事が回ってくるのは、いい加減カンベンして欲しい。
何が一番困るって、家に帰るのがひどく面倒な気分になるのだ。

・・・誰でもいいから、早く。
『どこでもドア』を発明して欲しい。(あ、ドラえもんでも可。)
[PR]
by misa_diary | 2006-08-31 23:14 | diary |
2006年 08月 30日 |
こんなことを書くとまたぞろ誰かに怒られそうだが・・・今日は朝からこの時間になるまで、コーヒーとチョコレートを2カケほどしか口にしていない。
明日締切の仕事でやらねばならぬチェック作業が急に増えたこともあり、集中力をフル稼働して赤ペン片手に分厚い版下とにらめっこを続けていたらば・・・何と、食事するのをすっかりと忘れていた。
この食いしん坊にだって、タマにはそういうこともあるのだ(笑。

無茶なダイエットはリバウンドのモト、いくら贅肉を減らしたいからと言って絶食を手段とする気はさらさらないのだが、ま、ただでさえ美味しいモノを目の前にすると理性のタガなどいとも簡単に吹っ飛んでしまう自分のこと・・・1ヶ月に1回くらいはこういう日もあってもいい、のかも知れない。


本日無事帰宅できるかどうかは、今後数時間の作業量にかかっている。
このまま最後のページまで、集中力が続くのを祈るのみである。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-30 19:57 | diary |
2006年 08月 29日 |
本当は
ずっとわかっていた

呼ばれていること
君が呼んでいること


けれども僕は
何故だか
それに応えることができなくて
今の今まで
自分自身を追い込んでいたんだ



窒息しそうなほど
薄っぺらな空気のなかで

君の面影に焦がれ
優しく触れる白い手を想いながら
ひたすら彷徨うだけの僕は

ただひとつのことを
自分の心に問いかけ続ける



最期の息が止まるその時までに
もう一度
君に会えるだろうかと

[PR]
by misa_diary | 2006-08-29 12:14 | poem |
2006年 08月 28日 |
b0105199_19195725.jpg

本日も手抜き更新で失礼。(やっぱ予定は未定なのだな…^^;)
実は、またもや急ぎの仕事…今日中にやってくれという修正原稿を渡され、今少々テンパり気味なのだ。
……無事終電までに帰れるのか、自分(- -;)


ちなみに、画像は本日の残業食。今一番気に入りのご近所ラーメン屋のスペシャル(オプション全部入り)、醤油味。
無論、社長の奢りである。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-28 19:19 | diary |
2006年 08月 27日 |
ね、眠い・・・。

本日は日曜出勤にてチト頭を使う仕事を集中してやった為、脳ミソがそろそろオーバーヒート気味・・・先刻から矢鱈と睡眠を催促されており、これ以上抵抗すると即座にスイッチを切られそうな気配。

こんな時は逆らわずに寝るのが一番、てなワケで。
ブルーノートでのライブの感想を逐一書こうと思ったのだが、それはまた明日(でも予定は未定・笑)。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-27 23:56 | diary |
2006年 08月 25日 |
今日の日記は早めに、ヒトコトだけ。
仕事のスケジュールがかなり変わった所為で、全く打ち上げにはなっていないのだが・・・タテマエ上『打ち上げ』と称して予約したチック・コリアのライブを聴きに、夕方から犬会社の皆で青山のブルーノートへ出かけるのだ。
昔からインストゥルメンタルが好きなので、リターン・トゥ・フォーエヴァーのCDは何枚も持っているものの、チック・コリアを生で聴くのは実は初めて。非常に楽しみなのである。


ヒトコトだけと言いつつ更に書くが・・・そう言えば今日はもう一つ、嬉しいことがあったのだった。
鼻の粘膜がチト弱い自分、気温差や人ごみに反応してくしゃみが止まらなくなることが多々あるのだが、今朝、出勤中の電車の中でも突然その発作に見舞われた。
4,5回ほどくしゃみを連発したのち、えーい、止まれ!と目を閉じて念じつつ(そんなんで止まるワケないのだが)、鼻をぐすぐす言わせながらドア付近に立っていると・・・そんな自分を見るに見かねたのか、すぐ脇の席に座っていた綺麗な金髪のお姉さんがちょんちょん、と自分の腕をつつき、大きな青灰色の目をくりくりとさせながら、ハイこれ、とティッシュを2枚、差し出してくれたのだ。

思いがけず、しかもかなりの美人に親切にされて舞い上がった自分、お礼もそこそこに電車の中でちーんと鼻をかみ(イヤ、だってせっかくの親切を無駄にはできませんもん)。
自分よりひとつ前の駅で降りていくお姉さんにあらためてお礼の声をかけると、ちょっとはにかんだようににっこりとうなずいてくれたのが嬉しくて、何だかほのぼのと幸せな気持ちになったのだった。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-25 15:59 | diary |
2006年 08月 24日 |
実は自分、先ほどまでカナリ酔っ払っていたのだが・・・今、漸く正気に戻った(ような気がする・笑)ので、日記を書いてみることにした。
支離滅裂な文章になるやも知れぬこと、予めお断りしておく。悪しからず。


酔っ払うまでの経緯を簡単に言えば、こうだ。
本日、無事にデータの提出等、当座の仕事を終え・・・半日ほどぽっかりとスケジュールに空きが出たので、すかさずいつもの美容院を予約。伸び過ぎて鬱陶しかった髪を、肩より少々長めといった程度に綺麗サッパリと整えてもらった。
髪同様、気分もサッパリと軽くなったところで、時間は・・・と携帯をチェックすると。未だ夕飯にはチト早い、逢魔が時の6時半。場所は銀座のど真ん中。
ならば、後々の為に白ビールの飲める店でも開拓しておくか、などと思い立ち。ふらふらとアチラコチラをうろついて入った、2件目のドイツ風居酒屋にて、カウンターの両脇に座っていた綺麗なお姉さん(左)と恰幅のよいオジさま(右)と意気投合、『シュタインヘイガー』というシュナップス(ドイツ産麦焼酎)を勧められるままに飲んだのだが・・・これがまた強いの何のって。(でも確かに美味かった!)
それまでに白ビールも結構な量を飲んでいた自分、結局小さなショットグラスに2杯が限度となり、自宅が横浜(なので早めに帰る)というオジさまと連れ立って、店を後にしたのだった。

ちなみに。少々ふらつき気味の自分を気遣いつつ、最寄りの駅まで同行してくださったそのオジさま、「いやぁ、キミと同じくらいの年の自分の娘と仲が良くてねぇ・・・実はメル友なんだよね」などと嬉しそうに話してくれ、また同じ店にての再会を約束して別れてきたのだが。
・・・・・いやはや、困った。
白状すると、店の場所も名前も、よく覚えていないのだ。 ←下見になってない


ま、行く気になったらまたその辺りをうろついてみれば多分分かるだろう、イヤ分かるに違いない、と無理矢理自分を納得させてはみるものの。
こんな救い難い方向音痴に案内など、自分だったら絶対に頼みたくはないなぁ・・・とシミジミ思ってしまった、本日の出来事なのであった。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-24 23:48 | diary |
2006年 08月 22日 |
b0105199_2154673.jpg

只今、犬会社内のネットが全く繋がらず。
あーでもない、こーでもないとやってはみたものの(イヤ、やったのは社長だが)、原因不明にてついにお手上げ。
で、最後の手段、とNTTに電話してみたらば……何と! アチラ側に問題が発生していたらしい。
ちなみに復旧の目処は未だ立たないという。

……仕事にならん。帰ろうかな。


画像は日記と全く関係ないが、今日のプチ残業食。エビ入り生春巻。
野菜もちゃんと食べてます、って事で(^_^)v
[PR]
by misa_diary | 2006-08-22 21:05 | diary |
2006年 08月 21日 |
b0105199_185957.jpg

データ出しは明日に延びた。
よって、作業は未だ続行中。

……が。
その代わり、もう一つ別の仕事を押し付けられた。
それもやっぱり明日まで、なんですと。ぐるるるる……(-_-#)←落ち着け自分


……気を取り直して。画像は今日の手作りオヤツ。
社長夫人曰く、見た目はわらび餅そっくりでも中身は違うとのこと。
実際、自分も食べてすぐには分からなかったのだが……分かる方、いらっしゃるだろうか?
(ヒント。食感はサクサクです(笑)。)
[PR]
by misa_diary | 2006-08-21 18:59 | diary |
2006年 08月 19日 |
手抜きも三日続けばいい加減飽きる、というワケで・・・今日は日記を。
ただし、言葉は少なめ。今晩は会社に泊まりで、仕事の最後の詰めをやるのだ。

突然忙しくなったのは、無論いつもと同じ、スケジュール管理というものの全く出来ない大馬鹿クライアントの所為。
今週の水曜になってイキナリ『週末、もしくは週明けに、今やっている仕事を仕上げて一旦出して欲しい』と言われたのだ。

これまで、ヤツらの理不尽さにはイヤという程振り回され、無理なスケジュールにも慣れざるを得なかった自分も、これを言われた時は流石にぷっつんキレそうになった。
ちなみにその仕事、締めは月末のハズだった。それ程量のあるモノでないとは言え、いきなり無茶を言うにも程があるだろう。

早く欲しいなら欲しいと最初に言えば、こちらとてそれなりに仕事を詰めるなど、いくらでも対処の仕様があったというのに・・・などと怒ってみたところで、時間とエネルギーの無駄だということは分かっている。
分かってはいるのだが、ただでさえ道理の通じない相手との仕事、真面目にやる気が失せそうになるのをこらえるのに、怒りのエネルギーでも無いよりはマシというもの。

ともあれ。明日の夜までに何とかカタをつけて、週明けには涼しい顔でデータを叩きつけてやろう、と思っているのだ。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-19 23:03 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon