ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
カテゴリ:words( 23 )
|
|
2008年 01月 21日 |

昇っているのか 降りているのか 

目眩く日常 果てのない時間軸


b0105199_2151379.jpg



肩越しに拡がる無限は

背後へと踏み出した その足先で

過去という名の有限に収束する


 *

More: 実はですね・・・
[PR]
by misa_diary | 2008-01-21 22:55 | words |
2007年 11月 02日 |


時折・・・・無性に、海が見たくなる。



b0105199_20323715.jpg




―― 潮風、潮騒、波頭。

沖合いに揺らめく陽炎のような船影。

朝な夕なの太陽が・・・或いは夜の月が導く光の道。



何を見ても、何を聴いても・・・・ほんの僅かな、潮の香りでさえも。

時に耐え難いほどの郷愁を誘われるのは、何故なのだろう。




b0105199_20421831.jpg




・・・・そろそろ、海が呼んでいる。

明日晴れたら、出かけてみようか。



[PR]
by misa_diary | 2007-11-02 21:11 | words |
2007年 10月 17日 |
b0105199_21152286.jpg


 ―― ヒカリノキオク

脳裏に甦る 時の残照


その煌きに心酔わば

果て無き旅路も楽しからずや



*

昨夜、塾にて授業中・・・何の前触れもなく、『ハイ、先生、これ』と。小6のメガネ美少女(例の英語バリバリ帰国子女)から、手作りのマスコットをもらってしまった。黄色のフェルトでつくった、ちっちゃなスマイリーバナナ。・・・・・めっちゃカワイイ。
いや、無論マスコットもだが・・・この子。塾の先生にわざわざ手作り、って・・・本当にもう、こんなに可愛くていいのか!?←何がだ(笑

先週末は先週末で、久々にお会いした方々と素敵な時間を過ごせた上に、これまたステキなプレゼントをたくさん頂いてしまうし・・・何やら最近、有形無形を問わず何かしら頂いてばかりのような気がする。
それは勿論、この上なく嬉しくて有り難い事なのだが、でも少々・・・自分に反省が必要なのかも、とも思ってしまう。

貰うばかりの立場に甘んじてはいないか。そういう温かなキモチを受けるに足る、心の持ち主であるか。
常に己に問いかけ続けていかなければ・・・などと、気を引き締めたことであった。
[PR]
by misa_diary | 2007-10-17 21:39 | words |
2007年 09月 08日 |
b0105199_19492532.jpg
b0105199_19494122.jpg


かたち無きものの
美しいカタチ

それは 或る秘められた秩序のもとに

躍動するリズムにのって
謳い上げられる ―― 宇宙。



 *

久々に首都圏を直撃、その後列島を縦断して、各地に大きな爪痕を残していった台風9号。
自分は幸いにして、金曜朝の出勤を遅らせた位の影響しか無かったのだが・・・皆さまの処は如何だったろうか?

天災は忘れた頃にやって来る、とはよく言うが。
『平穏な日常』という名の影絵に見慣れる余り、最低限の危機感にすら欠けてしまった感のある現代人の我々、本来決して忘れてはならない事をそれこそ山のように忘れているのではないか・・・などと思ってしまうのは、あながち気の所為ばかりでもあるまい。
[PR]
by misa_diary | 2007-09-08 20:20 | words |
2007年 08月 06日 |
b0105199_1130559.jpg

地上に生きる魂の全てに、祈りをこめて。

いつの日か必ず、永遠の現在(いま)に射す光に照らされんことを。



 *

本日、『原爆の日』の朝を迎えて・・・今も変わらず思うところは去年の今頃の日記に書いたので、繰り返すことはしない。
ただ。常に祈ること、思うこと、そして実際に機会があれば語ることは、いくら繰り返しても過ぎることはないと思う。

皆さまも、どうかいついつまでも、心に留め置いてくださいますよう。
[PR]
by misa_diary | 2007-08-06 12:00 | words |
2007年 08月 01日 |
b0105199_1936579.jpg
b0105199_1937139.jpg


時の流れに抗えず、ただ朽ちゆくモノたち。

深緑の中、鮮やかに浮かび上がるそれらモノたちの色彩は
もとより言葉を持たぬそれらが、言葉にならぬ何かを訴えかけているようにも見え。

美しい・・・単純に、そう思ってシャッターを切った。

[PR]
by misa_diary | 2007-08-01 20:02 | words |
2007年 07月 20日 |
b0105199_1636522.jpg


光は闇の中でその輝きをいや増し
闇は光より退いて尚濃く深く沈む




 *

ここ2ヶ月・・・いや、一部ではここ半年以上もの間ずっと、我が犬会社中を悩ませ続けていた懸案事項が本日目出度く、しかも全く思いがけない形で解決をみた。それにしてもまさか、マサカの逆転劇。確かに喜ばしい事ではあるのだが、それよりも驚き半分呆れ半分、ホッとして気が抜けてしまったというのが正直なトコロ。

・・・でも。やっぱり、お天道さまはちゃんと見てるんだなぁ(笑。
[PR]
by misa_diary | 2007-07-20 16:39 | words |
2007年 07月 04日 |


途轍もなく美しくて、不可思議で。
自然は偉大だ・・・なんて、分かったつもりの言葉が
いかにも陳腐に聞こえるほど。

『存在』からの言伝は、果て無き探求を続ける魂にのみ
まったく気紛れに届けられる贈りもの。


b0105199_256364.jpg


・・・今日も、美しい朝をありがとう。



[PR]
by misa_diary | 2007-07-04 02:56 | words |
2007年 05月 20日 |

b0105199_231316100.jpg


世界は凝結された精神であり、本質は香水のように揮発性をそなえていて、
自由な想念の状態に再び絶え間なく逃げ続けている。

・・・(中略)・・・

閉じ込められた人間、結晶体となった人間、植物の姿となった人間が、
人間の姿をした人間に話しかけるのだ。

エマソン 『自然』より /酒本雅之 訳



More: 語りかけと言えば・・・<途中までアップ(4:00)<アップ終了(8:00)
[PR]
by misa_diary | 2007-05-20 23:23 | words |
2007年 05月 14日 |
b0105199_1211052.jpg


探そうとするから見つからないのよ、って

くすくす笑いながら君は言うけれど。




・・・僕にはまだまだ、分からない事が多すぎるのでね。


[PR]
by misa_diary | 2007-05-14 01:38 | words |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon