ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
カテゴリ:diary( 244 )
|
|
2007年 09月 17日 |
b0105199_21222658.jpg


うん・・・キミと、ずうぅぅぅっと一緒に遊びたいのはヤマヤマ、なんだけど。

・・・・・・でもココ、一応会社だから。

やっぱ、お仕事は・・・しなくちゃいけないんだよね(笑。


(なんて言いつつ、こんな写真を撮ったりしています@仕事中^^;)



 
[PR]
by misa_diary | 2007-09-17 21:29 | diary |
2007年 09月 17日 |
b0105199_211199.jpg

キョウ クールビン デ オクッタ アス ユウガタ ツク

サンマ ノ ツクダニ タノシミニ マツ♪     ミサ





[PR]
by misa_diary | 2007-09-17 21:03 | diary |
2007年 09月 15日 |
普段、週末には塾の授業を入れないようにしているのだが。本日は特別に依頼されてひとコマだけ、新しく通うことになるかも知れないという子の体験授業を受け持つこととなった。
相手は小6の女の子。最近の子にしては小柄だが、受け答えもしっかりしていて実に礼儀正しく、ついでに言えば笑顔が爆発的に(?)愛らしい、メガネ美少女である。

そんな小さな子に一体この自分が何を教えてきたのかと言うと・・・やはり、英語(『バカの一つ覚え』とも言う)。
それも、コドモ英会話や中学英語のハシリといった類のものではなく、大学入試 ―― いや、下手をするとTOEICや英検でも上級レベルの語彙や文法内容が詰まった問題を(塾からの指示により)やらされたものだから、たったひとコマと言えど、中々にハードな授業であったのだ。

ここで一瞬、「すわ、天才少女現るか?!」とお思いの向きもあろうが。実に簡単なタネを明かせば・・・この子、夏前にニューヨークから戻ってきたばかりの、バリバリの帰国子女。
少なくとも5年はアチラに居て現地の小学校に通っており、今はまだ話す言葉にも時々英語が混じってしまうくらいにどっぷりと英語生活に浸かっていた為か、どうやら来年に控えた中学受験を帰国生用の特別枠で受けることに決めたらしく・・・本日解かされた問題は、中でも最難関の私立中学の入試問題だった、というワケ。

・・・いやはや、それにしても。

本当に素直で可愛らしくて、この子を相手に授業をするのはとても楽しかったのだが・・・教える内容が難しいのにもかかわらず、相応の日本語を駆使して説明すると理解が追いつかないのがネック。かなり神経を使いながらの授業だったので、無事終わった時には正直、ホッとすると同時に『・・・受け持ちにならないといいな』的な考えがチラリと頭をかすめたりもした、のだが。
(・・・もう、アトの成り行きはご想像にお任せします)←書くのが面倒になってきたらしい(笑

ま、ともあれ。本日のこの一件と、今後の犬会社の方針を鑑み・・・自分もこれから、より一層の磨きをかけていかねばと決心している次第なのであった。


b0105199_23251057.jpg

[PR]
by misa_diary | 2007-09-15 23:32 | diary |
2007年 09月 13日 |
日付変わって、一昨日の夜。
塾での講義を終えての帰り道、トンデモナイ土砂降りに遭遇した。

b0105199_0462776.jpg

アスファルトを激しく打ち続ける大量の雨水は、見る見るうちに緩やかな流れの河川をアチラコチラに形成し・・・その勢力はやがて歩道のみならず、交差点のど真ん中にまで拡大 ―― ま、早い話が何処を歩いても靴はすっぽり水の中、という事態に。

・・・こうなったらもう、濡れるのを恐れる理由なぞ何処にもナイ訳で。

膝から下、大量の水を吸って重くなったパンツに多少不快感を覚えながらも、辺りに点在するありとあらゆる光源を照り返して輝く道路の美しさに、手は思わずバッグの中のカメラへと伸び。
2、3度ほど青信号を見送る間、プチ非日常感漂う撮影を楽しんだのだった。

b0105199_136162.jpg
b0105199_1363430.jpg

[PR]
by misa_diary | 2007-09-13 01:52 | diary |
2007年 09月 10日 |
b0105199_23134655.jpgb0105199_2314413.jpg


これで、菜の花があれば完ペキ?

 *

・・・実を言えば、明日は新月。上の画像は前回の満月より少し前に撮ったもの。
暮れ行く空を何とはなしに見上げていると、焼けた西の空の赤がじわじわと月の輝く東の空にまで及び、それはそれは美しかったのだが・・・矢張りと言おうか当然と言うか、双方を一つの画にすることは叶わず。

ま、今は到底無理な話ではあるが、いつの日か。蕪村の歌にあるように、昇る月と沈む日を春の菜の花と共に撮ることが出来たら・・・と。
この時初めて、思ったことであった。
[PR]
by misa_diary | 2007-09-10 23:32 | diary |
2007年 09月 06日 |
台風が近づいている、らしい。関東直撃。明日の夜には上陸するやも、とのこと。
明日は(って、もう今日か・・・)早目に退社するかな。

b0105199_0434981.jpg


風がまだ無いので台風の実感とて湧かないのだが、今朝方から面白いように降ったり止んだりを繰り返す大粒の雨・・・何となく撮りたくなって、出社前に撮ってみた。
家のベランダから見える典型的な南国調のこの木は、隣の家の庭にナゼか一本だけ植えられているモノ。


b0105199_0532390.jpg

2枚目は緑を鮮やかに・・・南国のスコールのイメージで。
[PR]
by misa_diary | 2007-09-06 01:06 | diary |
2007年 09月 04日 |
b0105199_0474174.jpg


*

家のPC、外付けのハードディスクの調子が急に悪くなった。
以前にも、休止状態から復帰した時に本体側でうまく認識されなかったり、特定のフォルダにアクセス出来なかったりという予兆は少なからずあったのだが・・・ついに先週末、一旦本体の電源を切って再度入れた時にまず立ち上がるハズのOSが立ち上がらず、いきなり外付けハードに入っているデータファイルと空き領域のスキャンを始めたからサァ大変(?)。
これはかなりヤバいのかも、と思いつつも為す術とて何も無く、なかなか進まぬスキャンの終了をただ待ち侘びること、1時間超・・・いや、2時間はかかったろうか。
終わってすぐさま確認すると、案の定。以前からアクセスしづらかったフォルダに保存していた画像データは全て、失われてしまっていた。

・・・ま、起きてしまったことは仕方がない。
そもそも自分の画像データなぞは後生大事に取り置くようなモノでもないからいいとしても、その他の大事なデータは今後、他の方法でこまめにバックアップを取る事にしよう。


あ、ちなみに。上の画像はデータの確認途中で発掘。昨年のマルタへの旅の折、どこぞの空港で乗り継ぎ中に入ったカフェのメニュー・・・の、裏表紙か何かだったような。
本当にミス・キャビアなのかどうかは知らないが、ナルホド目力はなかなかのモノ、ではなかろうか。
[PR]
by misa_diary | 2007-09-04 01:41 | diary |
2007年 09月 02日 |
b0105199_2351429.jpg

肉球って・・・見ると押したくてうずうずしませんか?

*

ここ数日は劇的に涼しくなってみたり、大雨ばしゃばしゃ降ってみたり。
呆れるほどに厳しかった今年の夏の去り際は、これまた見事と言う他もなく・・・ただ、狭間に取り残された季節の欠片だけが、其処彼処にふわりふわりと漂っていて、不意を衝いては忍び寄り、ヒトの感覚中枢へと辿り着くべく待ち構えている、ような・・・・いや。
大好きな季節を追いかけて行くことのできぬ今の我が身の淋しさを、何やかやと言い繕っても始まるまい。

ともあれ。余りにも急激な変化には身体もさぞや驚くことと思う・・・皆さま、どうかご自愛の程を。


 ** 追記(9/3)
この肉球のモデル、以前の日記にも登場した会社の子のトイ・プードル。
『トイ』の名に相応しく、ほぼ成犬となった今でも動きはチョコマカとオモチャめいていて・・・

b0105199_17472796.jpg

・・・こんな風にブレない写真が撮れるのは、遊び疲れて眠い時くらいのものなのだ(笑。
[PR]
by misa_diary | 2007-09-02 00:45 | diary |
2007年 08月 29日 |
b0105199_16305534.jpg


一昨日、満月の夜のこと。
塾からの帰宅途中、ふと空を見上げると。うっすらと淡い雲のヴェールに蔽われた月の周りにとても美しい光の層が見え、思わず息を呑んで立ち止まった。

MOON RING・・・天空に架かる真円の虹。

以前から一度撮ってみたいと憧れてはいたのだが、そうしょっちゅうお目にかかれるモノでもなく、中々機会には恵まれず。しかも、手持ちのコンデジでズームが効くものは、夜の風景を撮るには明らかにパワー不足・・・挑戦を考える事自体、無謀なのかも知れない。
それでも、今この時を逃してはならじと足早に帰宅、ベランダに三脚を持ち出して悪戦苦闘すること数分。ほんの数枚撮ったところで雲の様子も一転、七色の光の輪もみるみるうちに姿を消してしまったのだが・・・この機会に恵まれただけでも何やら妙に嬉しくて、すっかりと姿を現した月の眩い光を浴びながら、暫し満ち足りた想いで夏の夜風に吹かれていたのだった。


b0105199_16312430.jpg

 *

ちなみに。昨晩の皆既月食、見られるというその時間帯はすっぽりと塾の講義中に嵌ってしまい、最初から諦めざるを得なかったのだが・・・何と、自分が塾に入って暫くすると辺りは猛烈な雷雨に見舞われ(一部の地域では停電もあったらしい)、講義が終わる頃にはすっかりと止んでいたものの、月の姿が見えるまでには至らなかった。

ともあれ、赤く妖しく輝いていたという食の姿・・・九州や、本州でも割合南の方では見られたというので、訪れた皆さまのブログで楽しませていただいている。感謝!
[PR]
by misa_diary | 2007-08-29 16:36 | diary |
2007年 08月 27日 |
b0105199_1373873.jpg
本格的な梅雨に入った頃からだったか、
蒸し暑くなってからつくるのをやめていた
朝食用のマフィン。

すこーし涼しくなってきたのと、
いただきもののブルーベリーがあったので
気が向いて、久しぶりにつくってみた。



レシピがうろ覚えだったワリに、
出来はまあまあ、かな。

甘さ控えめ、バターの代わりに
サラダ油使って、カロリーも控えめ。

でも、メープルシロップかけちゃうから
・・・おんなじかもね?



b0105199_1385355.jpg












ハートのカタチのふんわりマフィン、
お気に入りの紅いハートのフォークで
いただきましたよ。



[PR]
by misa_diary | 2007-08-27 13:16 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon