ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
シーズン、開幕。
2006年 10月 28日 |
開幕とは一体何のシーズンか、と言えば。トリノ・オリンピック以来、巷でも異様に注目度の高くなったフィギュアスケート、その今季グランプリ・シリーズ(全6大会)がいよいよ始まりを迎えたのである。
(興味の無い方には今日の日記は意味不明かも知れません。悪しからずご了承ください。<(_ _)>)

それにしても。今年は何と初戦のアメリカ大会から、しかも民放が大々的に2時間もの枠を取ってオンエアしているのにはかなり驚かされた。
このグランプリ・シリーズというもの、参加する選手たちにとっては単なる競技会ではなく、シーズンの最後に行われる世界選手権へ向けて徐々に調子を整えていくといった重要な意味を持つものでもあるのだが、フィギュアのファン以外には特にメジャーではなく、唯一国内で行われるNHK杯以外の5大会についてはこれまでもNHKのBSか、あるいは総合でハイライトシーンのみを集めたダイジェスト版が放送されるに過ぎなかったのだ。
ま、これも恐らくはトリノで金メダルを獲得した荒川静香と、オリンピックには出られなかったものの実力は世界一との呼び声も高く、今後ますます周囲の期待も高まっていくであろう浅田真央、この二人に由るところが大きいのだろう。
昔からのファンには少々複雑なところもあるのかも知れないが、あまりそういったコダワリの無い自分としては、矢張りこうして観ることの出来る機会が増えたのは喜ばしい限りなのである。

さて。本日はその初戦、男子のフリーと女子のショートプログラムを観戦したわけなのだが・・・いやはや、日本のマスコミが浮かれ騒ぐのもむべなるかな。今年は特に、男子女子共に実力のある選手が揃っている感が強いのだ。
相変わらず本番に強い織田信成はあっさりとトップを攫ってしまうし、真央の姉でモデルもこなす浅田舞はとにかく美しく、その演技はまさに氷上のバレエを思わせる。
一方、昨年度は必要以上に騒がれ過ぎて自ら調子を崩してしまった安藤美姫は、トリノでの辛い経験を通して何かが吹っ切れたのか、まるで別人のように生き生きと演技をし、あの輝くような笑顔を取り戻していた。

また、特筆すべきはやはり浅田真央だろう。彼女の凄いところは、途轍もなく難しい技をいとも簡単に飄々とやってのけるところなのだが・・・今年は加えて演技にも磨きがかかっており、大人びてきた身体つきと相まって非常にしっとりと、見応えのあるショートプログラムを披露してくれた。
こういった素晴らしい演技に点数をつけるというのは、実はトンデモナク野暮な事ではないかと自分、観るたびいつも思うのだが・・・そも競技会という場がそういうトコロなので、言っても詮無いことなのだろう。
しかし彼女、ヘタに闘争心を出すと上手く行かないタイプのようなので、場が競技会であろうとショーであろうと変わりなく、ただ滑る事跳ぶ事を楽しんでもらいたい・・・と勝手な期待を寄せつつ、こちらも彼女のミラクルな演技を今後も楽しく見せてもらおうと思っているのだ。
[PR]
by misa_diary | 2006-10-28 23:32 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon