ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
続々・真っ赤な誘惑。
2006年 09月 14日 |
さて。一日ほどお待たせしてしまったが、第1弾『トマトのキムチ』、第2弾『赤いケーキ』に続く真っ赤な誘惑の第3弾、『赤坦々麺』のご報告である。

いやいや、『赤』などとわざわざ名前に付けずとも、坦々麺は元々赤いモノじゃないのか、などとお考えの皆様、ゆめゆめ油断召されるな(?)。このラーメン屋の今秋限定新商品には何ともうひとつ、『白タンタン麺』なるモノもあるのだ。
下の記事の3つ目の画像、ポスターの下半分でもご覧の通り、明らかにラーメンにしては白すぎる程に白いスープ・・・しかも、坦々麺なのに全く辛くはないと言う。そのまろやかな味の秘密は聞いてビックリ、生クリームであるらしい。
ラーメンに生クリーム・・・いやはや、何ともチャレンジャーなハナシではないか(イヤ、むしろ食べる方がかなりのチャレンジャーだとは思うが)。


おっと、閑話休題。『赤坦々麺』の話に戻る。

昨日は夜に控えた『赤坦々麺』挑戦に備えるべく、昼食は炭水化物を抜き、間食も『配給』との名目で社長夫人により半ばムリヤリ口に押し込まれた小さな水饅頭ひとつに抑え・・・るつもりが、確かチョコ2カケはつい習慣で口に入れてしまったような気がする。
ラーメン1杯に何もそこまで・・・と我ながら呆れなくもないのだが、多少なりとも成功したダイエット、元の木阿弥にしたくはない。これでも、無いアタマでいろいろと考えているのだ。


・・・イカン、能書きを書き出すと延々垂れ流しになるのでこの辺で止めておく。
携帯での画像は隠しページにて。(心の)準備が整った方はどうぞご覧あれ。




b0105199_181882.jpgb0105199_1812489.jpg

中細の麺によくからむスープの表面は、兎に角真っ赤。
だが見た目ほど辛くないのは、『マンゴーエキス』なるものが入っているから、らしい。
言われてみれば確かに、ぴりりと舌にくる刺激の後に漂う甘みはフルーツのそれであるような・・・むー。気の所為か?

b0105199_181523.jpg

このスープ、練りゴマもかなり入っているとみた。全部飲めばカロリー過多どころか、胃の弱い方は胸焼けすること間違いなしであろう。


・・・結論。
自分としてはもう少し辛い方が好みではあったのだが、然程塩辛くもなくかなりの高得点。
この秋が過ぎてしまう前にまた幾度か、ふらふらと誘惑に負けてしまいそうな気もする・・・・・が。

恐ろしいほどに脂肪分たっぷりの白の誘惑には、出来れば負けたくないと思っているのだ。
[PR]
by misa_diary | 2006-09-14 18:08 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon