ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
つるつるりん。
2006年 09月 11日 |
今、新しく画像を用意するのが面倒なので(←極度の面倒臭がり)、以前犬会社のHP用に撮った画像で失礼するが・・・この週末の間に、会社犬その2(ノーフォークテリアの♀、4歳。その1はミニチュアダックスの♀、13歳)が年に一度の大変身を遂げていたので、以下、その変貌ぶりをご覧いただく。

【BEFORE】
b0105199_22411297.jpg


【AFTER】

b0105199_22422151.jpg


・・・自分が『捨てたい病』に罹るのと時を同じくして、この犬も見た目スッキリ、まるで別犬になっていたのが不思議と言えば不思議。
何か通じるものでもあったのだろうか(笑。

本当ならこの犬種、一番暑い時期を少しでも涼しく過ごせるよう、夏になる直前に抜ける準備の整った冬毛を抜いてしまうのだが(犬にしてみれば全然痛くはないらしい)・・・今年は忙しくてそれどころではないという人間側の事情で、夏の間じゅう分厚い毛皮を着たままだった。
その上、元々天上天下唯我独尊なこの犬、暑過ぎて散歩にも出られない所為かストレス溜まりまくって爆発寸前、小さなことでぎゃんぎゃんと大騒ぎしては部屋中走り回り、辺り一面に大量の抜け毛を撒き散らしていたのだ。

ところが。その会社きっての暴れん坊が、このつるつる小坊主の姿になると毎回、犬が違ったように妙に大人しくなるのだから、コレまた不思議なのである。
まぁ、長時間に亘って毛をむしられ続けたショックもあるのだろう(抜くほうだってそりゃあ重労働なのだ)、そろそろと人間側の顔色を伺いつつ、時折耳を垂れて情けなさそうな表情をするのが可笑しくて、自分もついちょっかいをかけては『うー!』と煩がられる始末。

この犬にしてみれば迷惑この上ない事かも知れないが・・・人間のサガとして、可愛い(と言うかオモシロイ)子はどうしても苛めたくなるもの。
ま、それも会社犬の宿命、粛々と受け止めていただこう、などと、いつもながら勝手な事を思っている。
[PR]
by misa_diary | 2006-09-11 23:18 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon