ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
夏にご用心。
2006年 08月 10日 |
基本的には『無駄に丈夫』に出来ているこの身体、一番の弱点が皮膚であることは以前の記事に書いた。
それも、敏感になるのは凡そ季節の変わり目と一応決まっており、ハッキリと季節のど真ん中である今のような時期には特に何の問題もないかと思っていたのだが・・・そう言えば。
夏が来れば思い出す・・・と歌の詞にもある如く、夏真っ盛りになった時のみ思い出す(所詮その程度のコトではある)、金属アレルギーの発症という悩みがあったのだった。

いや、症状自体は年がら年中、触れてはイケナイ金属に長時間触れれば必ず出る。間違いなく出るのだが、通常、ほんの少し触ったぐらいでは何も変化は起こらない。
ところが、初夏から夏の終わりにかけての汗ばむ季節には、皮膚自体が金属イオンを生成、吸収し易い状態にある為、対象に少し触れただけでもアレルゲン(=金属イオン)が体内に侵入してしまうらしく、いとも簡単に発疹、痒みや皮剥けといった症状が出てしまうのである。
ちなみに。自分は五百円玉を長時間握ることは出来ない。この場合のアレルゲンは多分、ニッケルであろう。

今も、何が原因で出来たかサッパリ分からぬ皮膚の荒れが右手の人差し指と親指、ちょうど何かつまむとモノに触れる辺りに出来ている。
自分では、安い金属製のカギが原因ではないかと睨んでいるのだが・・・家のカギも満足に触れぬようでは人並みの生活を送ることとてままならず、かと言って流石にこれは対処の仕様もないので、誰に迷惑かけるで無し、多少ガサガサでもまあいいか、と、取り敢えずは咽喉元過ぎて熱さを(暑さを?)忘れるまで放っておこう、と思っている。
[PR]
by misa_diary | 2006-08-10 21:35 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon