ひびのことのは。

misady.exblog.jp
Top
タイ料理店探訪記。
2006年 06月 13日 |
昨日の日記中で激辛カレーを思い浮かべたから、という訳でもないのだが。本日のランチは犬会社総出で、近所にオープンしたタイ料理の店を偵察してきた。
総出で・・・とは言え、2匹の犬は無論お留守番である(当たり前だ)。

通りの向かい側、会社からは徒歩数分程度の距離にあるその店は、この近辺のビルによくある造りでタテに細長く、中央にキッチンを配してその手前側と奥側に、ややゆったり目に客席を設けてあった。
内装はシンプルながらも、淡いオレンジのソファと木目調のテーブル、アイアンの椅子、お洒落な照明が印象的。
ランチの時間は手前と奥で分煙もバッチリ、カウンター席も僅かながらあって、女性一人でも充分に落ち着けそうな雰囲気である。

肝心のお味はと言うと。これがなかなかに美味しいので(失礼ながら)驚いた。
下町に珍しい洋食の店は、これまでに幾つかあっても何処も流行らず、いずれ閉店の憂き目を見るのが常だったのだが、ここならたまには・・・いや、結構な頻度で通っても良いのではないか、というのが全員一致の結論である。

ちなみにランチは常に5、6種類、テイクアウトのお弁当も2種類あって、タイカレー(レッド、グリーン、イエロー)とタイ風ラーメン、トムヤムクンラーメンの固定メニューに、日替わりの焼き飯あるいは炒め物類が加わるらしい。
自分は宣伝のチラシにあったタイ風ナシゴレンが目当てだったのだが、メニューにあった本日の日替わりは鶏肉の炒め物、一品のみ。そりゃまた残念至極、と思っていたら・・・またもや『オフクロさん』、もとい、社長夫人が店員に掛け合ってくれたお陰で、結局自分を含む3人が念願のナシゴレンランチにありつくことが出来た。
いつもながら感謝なのである。

タイ風と銘打つだけあってピリリと辛い味付の焼き飯には、嬉しい半熟目玉焼きのトッピング。
しっかりと出汁の効いたワカメ入りスープやミニサラダとの相性も良く、ひと口で十分に甘い小豆&タピオカ入りココナツミルクも加えてお値段850円というのは、かなり満足できると言ってもいいだろう。

これから夏に向けて辛いモノがますます美味しくなるこの時期、このような店が近所に出来たというのはとても嬉しい。
次はトムヤムクンラーメンにでも挑戦してみるか、いや、夜のディナーに行ってみるのもいいかも知れない・・・などと、いやが上にも期待は膨らむのであった。
[PR]
by misa_diary | 2006-06-13 18:51 | diary |
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon